狭山市 入間川 徳林寺

天気が良かったので、
いつも気になっていたご近所のお寺「徳林寺」さんの境内にお邪魔してきました。

IMG_2739

とても立派な門構えです。

門のすぐ横には

IMG_2740

武蔵野観音霊場台17番札所と書かれた石碑があります。

このお寺、ちょっと調べてみたら

福聚山(ふくじゅさん)と号する曹洞宗の寺院。
創立は、元弘3年(1333)。新田義貞が鎌倉攻めの合戦にてこの地に本陣を置き、
その守護仏として聖観音を安置し、地頭小沢主税が開基となり建 立されました。
初期の宗旨は明らかではありませんが、
約二百年後の天文元年(1532)に一樹存松和尚の開山で曹洞宗(禅宗)になった、とのことです。

とても古い、由緒あるお寺なんですね。

IMG_2741

しかし、

私が個人的にこのお寺で最も気になったのは・・・
IMG_2743

なぜかトンネル工事貫通石の展示。
しかもかなりの数の堂々たるコレクションです!
貫通石って、トンネル工事の時に出てきた石のことですよね?

お寺の主旨とは関係ない、和尚さんの趣味と勝手に理解しました。

街歩きって、これだから楽しいです!

徳林寺 とくりんじ
埼玉県狭山市入間川2丁目3番11号

2016/2/26

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする